« 赤城山・雪上散歩 | トップページ | 吾妻山~大形山 »

鐘撞堂山

2011年5月4日(祝)
埼玉県深谷市(旧花園町)の「鐘撞堂山ふるさとの森」で里山歩き

01sanmeiban

【行程メモ】
谷津池10:30ー(南コース)ー11:07山頂11:30-(北コース)-12:00谷津池

02yatsuike

「ほたるの里公園」(多目的トイレあり)から細い車道をわずかに登った先の谷津池へ。50台程度駐車可能。

03turikinshi

つり人もいますが・・・関係者以外つり禁止だそうです。

04annaizu_2

案内図の「南コース」から登り、「北コース」から戻ることに。

05minamient

南コースの入口

06one

5分ちょっとで尾根上へ。

07

08

谷津池を見下ろす

09nishigouryu

西コースとの合流地点

10

山頂はすぐそこ

11sankakuten

山頂の三等三角点。
国土地理院の地図では329.9m。 案内板には330.2mとある。山頂の最高地点は三角点より少し高いようにも見えるので、案内板には最高地点の標高を書いてあるのだろうか。

12tenbodai

山頂にはあずまやと、展望台がある。

13tenboyorii

山頂から寄居の町の方向を望む。

下山は「北コース」をたどり、30分ほどで谷津池へ。

おまけ:
今回、携帯電話(SHARP SH007)に付属の「フィールドロケーター」で、GPSログ機能を試してみました。

Photo

Gps

GPSログ(.gpxファイル)を「カシミール3D」に読み込み、実際に歩いた軌跡を地図に表示。高度推移もグラフ表示してみました。

« 赤城山・雪上散歩 | トップページ | 吾妻山~大形山 »

コメント

うちのブログにお越しいただきありがとうございました。Suekichiさんも久々の山歩きですね。
新緑は過ぎたようですが、ツツジが見頃のようでキレイです。

レポにあった新携帯が気になりました。ソーラー充電搭載で、Suekichiさんの任務遂行には最高のツールだと思います。労働者としてコンナモノを持たされたら最悪ですけどね。ところで、水の上、歩いたんですか?

鉄まんアトムさん、ようこそ。
今回のように地図に道が表示されていないところを歩いたときは、GPSログ機能も面白いと思います。ただ、この機能をONにしていると、電池の消耗が激しいのが問題です。恐らく、半日と持たないでしょう。通話可否に関係なく測定は可能なので、ときどき止って現在地の高度や緯度経度を確認するといった使い方なら、1日の山歩きでも使えなくはなさそうです。
忍法水面走りの術・・・ばれましたか。
実際には、池の東端の堰堤上を歩いています。全体がずれているというわけではないようですが、この部分では、GPSの位置情報にかなりの誤差が生じていたようです。
あるいは、妖怪のせいでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城山・雪上散歩 | トップページ | 吾妻山~大形山 »