« 平標山・仙ノ倉山 | トップページ | 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳(その1) »

尾瀬沼・大江湿原

2011年7月2日(土)
梅雨の合間、緑の湿原を訪ねて大清水から尾瀬沼・大江湿原を散策。

000

尾瀬沼東岸から燧ケ岳

【行程メモ】
大清水07:11 - 08:01一ノ瀬08:06 - 08:56三平峠09:01 - 09:16三平下  〔尾瀬沼畔・大江湿原散策〕三平下12:00 - 12:20三平峠12:27 - 13:12一ノ瀬13:21 - 14:00大清水

010

梅雨の合間の土曜日、朝から半日ほどは天候が安定すると見込んで、大清水から尾瀬沼へ。大清水ではバス停正面の第一駐車場が半分以上空いている。入山者は少ないようだ。一ノ瀬までの林道歩きでは青空が広がった。

Hana1

林道脇で見かけた花

020
一ノ瀬の登山口から三平峠へ小一時間樹林帯を登る。木や石で整備された階段状の道が終わり、静かな針葉樹林に延びる木道をたどれば、三平峠は近い。

030

滑りやすい木道を注意して下り、三平下へ。樹の間から見える燧ケ岳もよく晴れている。

041

042

木道脇でみかけた花(ハクサンチドリ?とスミレの一種?)

050

コバイケイソウと燧ケ岳。山頂には雲がかかりはじめる。(09:35頃)

061

062

白いソーセージ(?)のような不思議な形の花の房をたくさんつけた木。(たぶんシウリザクラか?)

070

長蔵小屋手前にて(09:58頃)

Hana2

尾瀬沼畔の木道脇で見かけた花たち

080

尾瀬沼東岸から大江湿原を望む (10:08頃)

090

大江湿原・三本カラマツ

100

110

湿原にはワタスゲの花が。

120

緑の湿原にレンゲツツジの朱が映える。

131

132

イワカガミもあちこちにピンク色の群落を作っている。

133

同じピンク色でも、こちらはヒメシャクナゲか。

140

当初、小淵沢田代へも行くことを計画していたが、黒い雲が出はじめ、空も暗くなってきたので、ここで切り上げて往路を引き返した。(11:15頃)
結局、雨には尾瀬沼畔~三平下で数分間パラパラと降られただけで、三平峠~大清水では晴れていた。梅雨の合間の山行としてはまずまずだ。


« 平標山・仙ノ倉山 | トップページ | 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳(その1) »

コメント

 長蔵小屋裏から見る大江湿原や浅湖湿原のみどり色が何とも言えませんね。一方、尾瀬ヶ原と同様、ワタスゲは今年、不作のようですね。写真目的だったら気絶しそうなレベルです。それはさておき、原と同様、この時期の尾瀬沼に私も行ってみたくなりました(今年は行きませんけど)。
 ところで同じ日、私は至仏山に登っていました。下山後に戸倉の温泉でいっしょになるとは思いもしませんでした。そういえば去年の7月中旬、今年と反対に、私が尾瀬沼にいるとき、Suekichiさんは至仏山に登っていましたね!(^^)!

鉄まんアトムさん、こんにちは。
この時期の尾瀬沼は初めてですが、昨年同時期に尾瀬ヶ原にご一緒したときに見た一面のワタスゲにはとうてい及びません。でも、緑一面の湿原も、この時期ならではなのかもしれませんね。行くたびに違う趣が感じられるのも尾瀬のいいところかも。
至仏山はいかがでしたか? 鉄まんアトムさんのブログ記事の続編、楽しみにしています。(゚ー゚)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平標山・仙ノ倉山 | トップページ | 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳(その1) »