« 土合から蓬峠を越え土樽へ | トップページ | 武甲山から小持山・大持山 »

榛名山・掃部ヶ岳(かもんがたけ)

2011年11月3日(祝)
晩秋の榛名山へ家族で半日ハイキング

000

榛名湖の対岸から掃部ヶ岳


【行程メモ】
登山口09:52-10:13硯岩分岐ー10:19硯岩10:43-11:13湖畔の宿広場への分岐ー11:23山頂手前の展望ポイントー11:31掃部ヶ岳山頂11:52-12:20硯岩分岐-12:35登山口

010

012

湖畔の駐車場に車を止め、榛名吾妻荘の先を左に入り、登山口へ。(上の写真の黄色矢印の場所)

020

笹の茂る樹林の中の道を登る。

030

やや急になると、丸太で土留めされた階段の道に。

040

尾根上に出たところが、硯岩への分岐。

050_2

分岐から一登りで、榛名湖側にそそり立つ硯岩の頂上へ。榛名湖方面が一望できる。湖側は絶壁で柵などはないので、注意が必要。

060

分岐へ戻って笹の茂る尾根上の道をしばらく行くと、再び急な登りになり、頂上手前まで階段の道が続く。丸太で土留めしてあるのだが、階段内の土はかなり流出して丸太が出っ張った状態になっており、歩きにくい。

065

「湖畔の宿広場(公園)」方面へ下る道の分岐。道標には、「急な下り 注意!! 危」との表示あり。この先、山頂との間に、榛名湖方面の展望の開けている場所がある。(山頂からは榛名湖方面の展望は良くない。)

070

掃部ヶ岳山頂。あまり広くなく、座って休めるのは10人強程度。途中すれ違う登山者も多く、山頂は混雑していた。

080

山頂からは南側(榛名神社方向)に展望が開けている。

往路を戻って下山後、湖畔(榛名公園)でしばらく遊んでから帰路につく。
山上の紅葉は終っていたが、伊香保温泉より少し上から榛名湖畔の間ぐらい(標高850~1100m位)が見ごろのようだった。

« 土合から蓬峠を越え土樽へ | トップページ | 武甲山から小持山・大持山 »

コメント

晩秋を通り過ぎ、初冬の雰囲気すら感じます。いよいよ低山のシーズンですね。
硯岩からの眺め、最高ですね。屋久島の太鼓岩を連想しました。私も行ってみようかな~ただし、主目的を伊香保温泉として。

ここ数日、11月にしては暖かい日が続いているので、寒さは全く感じませんでしたが、落葉した木々の間を落ち葉を踏んで歩くのは冬の低山ならではの趣きがありますね。
硯岩から、谷川連峰方面は外輪山の陰になってしまうものの、晴れていれば、白砂山~岩菅山方向が望めるようです。初冬の晴れた日に軽く山を歩いてにつかれば、極楽気分じゃないですか。(*^-^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 土合から蓬峠を越え土樽へ | トップページ | 武甲山から小持山・大持山 »