« 赤城:黒檜山 | トップページ | 桐生:カッコソウ咲く鳴神山へ »

桐生:鳴神山から吾妻山

2012年4月28日(土)

アカヤシオ咲く鳴神山から吾妻山へ

000

鳴神山山頂から日光白根山・男体山方面の展望
   

【行程メモ】
水道山公園(記念館前駐車場)06:28ー06:40桐生駅北口07:05=(おりひめバス)=07:35吹上07:40ー08:03車道終点ー09:40鳴神山10:05ー10:55三角点(811.5m)ー11:13三峰山(697m)11:29ー11:49金沢峠ー12:09大形山12:20ー12:44岡平ー13:12480mピーク13:27ー14:16吾妻山14:28ー15:15水道山公園

010

まずは下山口となる水道山公園へ向かい、水道山記念館前の駐車場に駐車。駐車可台数は20台程度で、結構混んでいる。公衆トイレあり。ここから歩いてJR桐生駅へ。

020

桐生駅北口から「おりひめバス」川内線・吹上行きに乗車。なお、駅舎には改札内しかトイレはないが、駅舎に向かって右側に少し歩いた高架下に公衆トイレがある。

030

他に乗降客なく1名貸切状態で終点の吹上バス停着。トイレあり。

040

車道終点付近では砂防ダム工事が行われており、土曜日もトラックが出入りしている。駐車スペースも路肩に数台しかないようだ。工事用の仮設トイレには、ハイキングの方もご利用ください、との表示があった。

050

道は沢に沿って登っていく。

060

これはニリンソウ?

070

早朝はどんより曇って山は霧がかかっていたが、次第に晴れてきた。杉林に朝日が差し込む。

080

沢の上流部から砂防ダム工事現場までずっと電線が引かれていて、この「土石流センサー」のワイヤーが切れると警報が鳴るシステムのはずなのだが・・・ワイヤーと電線は接続されていなかった。

090

標高700m位で杉林が終わり、枯れた沢状のルートをたどっていく。

100

ぽつんと咲くアカヤシオがあった。多くはまだつぼみのようだ。

110

主尾根上の「肩の広場」には神社が建っている。山頂へは鳥居をくぐって登る。

120

鳴神山山頂。すっかり晴れて暑くなってきたが、山々にはまだ雲がかり、あまり遠望はきかない。アカヤシオがぽつぽつ咲き始めている。

130

今回はシーズン始めの足慣らしを兼ねて、吾妻山への尾根道を歩いた。標高700m位までは広葉樹林帯だが、まだ芽吹き始めたばかりで、新緑に覆われるのはもう少し先のようだ。

140

三峰山の先あたりの様子。

150

この尾根道は、吾妻山までほとんど展望がないはずだったが、大形山を過ぎ、「岡平」の手前で急に南側の展望が開け、吾妻山まで見通せた。まだ新しい切り株やおがくずまであるのをみると、ごく最近、伐採されたのだろう。

160

岡平から伐採地を振り返るとこんな様子。

170

ようやく吾妻山到着。アップダウンがあるものの下り基調とはいえ、冬になまっってしまった体には結構きつく、雨上りの杉林では杉のにおいも強烈だった。

以前の記録:

桐生:吾妻山(自然観察の森から周回)  (2012年2月)

吾妻山~大形山 (2011年5月)

« 赤城:黒檜山 | トップページ | 桐生:カッコソウ咲く鳴神山へ »

コメント

アカヤシオが咲く山頂風景、いいですね。
奥武蔵でも見られるようなので、私も出掛けてみたいと思います。(ただし、後半GWは天気が×か)

植林の杉林歩きはつまらないと感じてしまうところ、晴れ上がる霧へ朝日が差し込む写真には清々しさを感じます。こんな感じの中なら逆に歩いてみたいと思いました。1票!

鉄まんアトムさん、コメントと「一票」ありがとうございます。
雨に濡れた若葉の緑や、日差しがあたって霧が晴れていく光景を楽しめたのも、雨上りでまだどんより曇った中を歩き出したからこそでした。山歩きの楽しさは、晴れの日ばかりではないですね。
GW後半も4日から5日にかけては天候もいいのではないでしょうか。ブログを楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城:黒檜山 | トップページ | 桐生:カッコソウ咲く鳴神山へ »