« 残雪の三平峠から水芭蕉咲く尾瀬沼へ | トップページ | 西黒尾根から谷川岳 »

赤城:鍋割山・荒山

2012年6月17日(日)

梅雨の合間に近場へ足慣らし山行

000

鍋割山から荒山への尾根道
   

【行程メモ】
森林公園南面登山口駐車場07:50-08:28鍋割山登山口-10:00鍋割山10:21-10:58荒山高原-11:59荒山12:22-12:58棚上十字路-13:30駐車場 

関東内陸部では朝のうちに雨は止んで昼前から晴れてくる、との予報に期待して、近場に山歩きへ。

010

012

まずは下山口になる赤城森林公園南面の駐車場へ。10台以上駐車可能。非水洗だがトイレもある。

020

022

まだ霧雨の残る中、カサをさして舗装された林道を戻る。途中で雨は完全に止み、鍋割山登山口へ。こちらの登山口付近にも5~6台は駐車可能のようだ。

024

026

登山口にある案内板と、その拡大。(今回のルートを黄色矢印で書き加えたもの。)これと同じ案内板が主要ポイントにあり、現在地が示されている。

030

大きな岩のゴロゴロした急登が続く。

040

傾斜が緩くなると樹林が切れて展望が開ける「鍋割高原」へ。

050

その後、再び樹林帯の岩場の多い急登が再開。

060

鍋割山直下は笹原で展望が開ける。

070

072

鍋割山山頂。関東平野が一望できるはず・・・なのだが。

080

快適な尾根道を荒山へ。箕輪(姫百合駐車場)側から入山したと思われる人たち数十人とすれ違う。

090

箕輪からの登山道が交差する荒山高原では、多くの人が休憩していた。

100

荒山へ登る途中から晴れてきた。鍋割山方向を振り返ったところ。

110

荒山山頂は展望なし。北西の風がかなり強く吹いていた。

120

山頂から南尾根を10分弱下った「ひさし岩」からは、地蔵岳・長七郎山方向の展望が開けている。

130

道はよく整備されており、快適に下れる。

140

棚上十字路すぐ近くの東屋。
さらに歩き、駐車場に戻ると、7台の車が止めてあったが、まだスペースには余裕があった。

« 残雪の三平峠から水芭蕉咲く尾瀬沼へ | トップページ | 西黒尾根から谷川岳 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 残雪の三平峠から水芭蕉咲く尾瀬沼へ | トップページ | 西黒尾根から谷川岳 »