« 南八ヶ岳:赤岳・硫黄岳(その2) | トップページ | 谷川岳から蓬峠 »

子持山

2012年9月29日(土)

台風接近前、つかの間の晴天に半日の山歩きへ

000

獅子岩から柳ヶ峰と子持山

【行程メモ】
七号橋駐車場06:18-07:25獅子岩07:40-08:15柳木ヶ峰-08:35子持山山頂09:00-09:30大タルミ-10:06七号橋駐車場 

当初、日曜日に谷川方面への山行を予定していたが、台風接近により予定変更して近場へ半日の山歩きへ。

010

6時前に子持神社奥ノ院手前の七号橋駐車場到着。先着車なし。

020

登山口の入山者カードのポスト。「登山道ガイド」も備付られている。熊注意の看板も多数あり。

022

「登山道ガイド」は、「グループで1枚でお願いします」とのこと。
同じものは、渋川市のHPにてPDFでダウンロードできる。
http://www.city.shibukawa.gunma.jp/kankou/outdoor/komochisantozan.html

030

5分ほどで屏風岩の下へ。役の行者の像があり、「登頂を目指す者必ず合掌あるべし」とあるので合掌して先に進む。

040

朝まだ暗い杉植林帯を沢状の地形に沿って200mほど登ると、ようやく広葉樹林帯へ。

045

登山道には随所に地名・番号が記載された標示があり、「子持山登山道 緊急時ポイント 渋川消防署では上記の番号であなたの位置がわかります」と記載されている。山火事や救助要請の通報時のためのものと思われるが、AU携帯では圏外だった。

060

062

獅子岩には鎖・梯子が付けられていて一般登山者でも登ることができる。(下りは注意必要。)

065p

獅子岩からはコース中随一の大展望が広がる。

070

柳木ヶ峰。樹林で展望はない。

080

山頂手前の岩場から獅子岩方向の展望。かなり雲が多くなってきた。山頂の展望はあまり開けていないので、見納めである。

082

同じ岩場から山頂を望む。

090

子持山山頂。ここまで誰にも会わなかったが、休憩していたら北西側のコースから3名のグループが到着した。山頂はあまり広くなく、休めるのは十数名が限度か。

092

山頂からは東側(赤城・皇海・日光方面)が開けている。

100

下山は柳ヶ峰から急な斜面を大タルミへ下り、ゆるやかな道を8号橋経由で出発地へ。下山時には車は7台になっていた。

メモ:
・七号橋までは一車線で退避スペース(所々にしかない)でしかすれ違いのできない細い林道。一応簡易な舗装がされているが所々路面が荒れている。
・手前の六号橋・五号橋にも駐車場(各6~10台程度)がある。(今回はいずれも駐車車両なし)最奥の八号橋付近も広いが「旋回場所のため駐車禁止」(立札あり)なので注意。
・七号橋駐車場に簡易トイレあり。(足踏みポンプの簡易水洗式。ペーパー備付有。)
・今年は残暑が続いたためかもしれないが、まだ秋の気配はあまり感じられなかった。もう少し遅い季節~初冬が登山にはベストかもしれない。

« 南八ヶ岳:赤岳・硫黄岳(その2) | トップページ | 谷川岳から蓬峠 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南八ヶ岳:赤岳・硫黄岳(その2) | トップページ | 谷川岳から蓬峠 »