« 白毛門(松ノ木沢ノ頭まで) | トップページ | 川苔山・蕎麦粒山 »

二子山・武川岳・伊豆ヶ岳

2013年4月13日(土)

道間違いで甲仁田山往復のおまけ付き

000

伊豆ヶ岳山頂にて

【行程メモ】
道の駅果樹公園あしがくぼ(第2駐車場)07:13―08:29二子山雌岳―08:36双子山雄岳(08:54―道を間違え甲仁田山往復―09:49)双子山雄岳09:49―10:24焼山10:38―11:37武川岳11:55―12:44山伏峠―13:33伊豆ヶ岳13:50―13:58五輪山―14:34車道―14:54正丸駅 ≪西武秩父線で芦ヶ久保駅へ戻る≫

010

芦ヶ久保駅すぐ前の道の駅からスタート。長時間になるので案内に従い登山口すぐ脇の第二駐車場に駐車。

020

030

兵ノ沢沿いの道上部では新緑が楽しめる。

040

雌岳山頂は樹林で展望なし。

050

二子山雄岳山頂。山頂は結構広く、三角点より一段下った所で西~北方面が開けている。

052p

雄岳からの展望。写真ではわかりにくいが、右手遠方には上越国境方面の雪山もよく見えていた。

060

山頂で一休みした後、自分では焼山方向と思いこんでいる道を下り始める。武川岳方向を背景に咲くアカヤシオなど撮っているが、まだ道を間違えたことに気づいていない。一か所、両手を使わないとちょっと厄介な岩場の下りがあり、ストックのリストバンドが手首から抜け落ちて、ストックを崖下に落としてしまった。

070

20分ほど歩いて尾根がなだらかになり、左から車道が沿ってくる。尾根上の道は不明瞭になるがそのまま尾根を進むと、電波塔の下にたどりついた。この先の開けた場所(実は甲仁田山山頂)で先行していた人が道を確認していたが、尾根伝いでいいはずとの思いこみから、なお進むと、再び車道に出た。ここで、二子山の見えている方角が北西方向だということを確認して、初めて道を間違えたことに気づく。持参した電子国土をプリントした地図で確認すると、現在地は二子山から南東に伸びる尾根の先の847mのピーク(昭文社の「山と高原地図」では「甲仁田山」と記載あり)に違いない、と判明。先ほど道を探していた人ともその旨を話し、車道と山道を雄岳山頂まで戻った。(この道間違いについては後記メモ参照。)

080

雄岳山頂にはちゃんと「武川岳」への道を示す道標があった。コンパスで南西方向であることを確認して下りだす。焼山手前から二子山方向を振り返ると、間違えて往復した右手南東方向に延びる尾根と電波塔がよく見えた。

090

尾根上の木々はまだ新芽が出始めたばかり

100

この花の木は何でしょう?

110

焼山山頂。今回のルートでは一番展望が開けた場所。

112p_2

焼山からの展望。

130

武川岳山頂は展望はほとんどないが、広くてベンチも6つ位あり、二十人位がお昼休みタイムだった。

140

前武川岳の分岐点。

150

山伏峠。尾根を下ってくるとフェンスに突き当たり、左(北)側へ進むと車道を横断する箇所に出る。

160

ようやく伊豆ヶ岳山頂。山伏峠からは尾根の直登で結構急な部分もあり、疲れた足にはきつかった。

170

正丸駅へ下る道はいくつかあるが、地図上最短と思われるルートをたどった。五輪山から東の尾根に下っている広い道だが、分岐の道標はない。

180

尾根から北側の斜面へ下る地点。木の道標はないが、尾根上には進入しないようロープが張ってあり、北側斜面へ誘導するラミネートされた紙の表示がある。この先の斜面は急で雨上りや霜解け時でぬかるんでいると相当滑りそうだ。

190

車道沿いの集落から。

200

最後の急な階段を登って正丸駅到着。

メモ
・二子山から道を間違えて甲仁田山へ着いたルートは下記のとおり。赤印の部分は明瞭な山道で、途中赤テープも何か所かある。ネット上で情報を収集したところ、二子山と甲仁田山を結ぶれっきとした山道のようだ。

※IE10など、ブラウザによっては下記地図が表示されない場合があります。(ブラウザの「互換表示」をONにすれば表示される場合があります。)

・しかし、この道は昭文社の「山と高原地図」(手元にあるのは2011年版)にも、電子国土の地図にも記載されていない。なので、二子山山頂から南方向に下る道が2つ(南東と南西)あるという事前認識がなく、南方向への道は一つだという思い込みから、道標を確かめず、コンパスも見ないで歩き出してしまったのが今回の道間違いの原因。

・二子山雄岳山頂は、西~北方向以外は樹林に囲まれているが、比較的平坦で開けている。武川岳方向への道の下り口がやや狭く目立たないのに対して、甲仁田山への道の入り口のほうがむしろ明瞭に見え、なんとなく足が向きやすいのかもしれない。実際、ネットで検索すると、この道に間違って入ってしまう人は結構いるようだ。

・山頂は複数の尾根が交わる場所であることが多く、下りで道を間違えやすい。また、なだらかな尾根には、地図にない道や踏み跡があることも多い。こうした常識が頭には入っていても、つい、「地図とコンパスで方向を確認して歩き出す」という基本を怠ったのがいけなかった、と反省。

« 白毛門(松ノ木沢ノ頭まで) | トップページ | 川苔山・蕎麦粒山 »

コメント

雄岳、焼山の眺望がいいですね。同じ日、私は奥多摩に出掛けていましたが、ここまでの花は見られませんでした。春紅葉もイイ感じで、場所の選択を間違えたかもしれません。「100」の花は、アセビ(馬酔木)だと思います。

道間違えは、道迷いの実習訓練ですか?(笑)
奥多摩、奥武蔵は、踏み跡が本当に幾筋もありますから油断なりません。それにしても1日で随分歩きましたね。ストックの落とし物は残念でしたが、ケガがなく何より。お疲れ様です。

鉄まんアトムさんは奥多摩へ行かれていましたか。
奥武蔵も、新緑や花を楽しめるのは標高の低い部分だけで、主尾根上ではまだ春は少し先のようでした。
あと2週間位で、ベストシーズンになるのかもしれません。

花は馬酔木のようですね。きれいですが、毒があるので鹿も食べないのだと、調べて知りました。
そういえば、低山ではよくみかけるような気がします。

道迷いはしないように訓練していたつもりですが、ひっかかってしまいました。
「思い込み」をせずに、いつも疑って確認することが大切ですね。
(山歩きだけに限りませんが。)

GW後半に私も似たようなコースを歩いてきました。
こちらで予習したおかげで道迷いせずに済みましたが、武川岳への標識付けもじつに微妙で間違いやすいと思いました。焼山頂上で(甲仁田山を指しながら)電波塔見物してきました、やれやれ、という人に出会いました。

それにしても、出発時間はほぼ同じで、途中ルートから逸れる道迷いをしながら、山伏峠に下りてから伊豆ヶ岳に登り返しているのに、私の名郷到着とほぼ同時刻に正丸駅に着くのは、もしかしてトレラン並み? 私には無理だと思いました。

鉄まんアトムさんのブログ、拝見しました。春真っ盛りのこの時期に、また歩いてみたくなりました。

所要時間の違いは、たぶん、歩行速度の差ではなく、道中の撮影の回数や時間、休憩時間の長短の影響が大きいのだろうと思います。私はいつも、まとまった昼食休憩はとらず、菓子パン等を主に、数回の休憩中にちょこちょこと済ませてしまうことが多いので。
でも、暖かい季節なら、山頂でのんびりお昼もいいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白毛門(松ノ木沢ノ頭まで) | トップページ | 川苔山・蕎麦粒山 »