« 桐生:吾妻山ハイキング | トップページ | 赤城:黒檜山~駒ヶ岳 »

玉原湿原から鹿俣山

2013年6月1日(土)
ブナの森で森林浴ハイキング

000

ブナ平付近にて


【行程メモ】
センターハウス(駐車場)06:31―06:43玉原湿原―07:22長沢三角点―07:40ブナ平―08:44鹿俣山08:56―09:28ブナ平―(銅金沢ルート)―09:47センターハウス

梅雨入り後の晴れ間、半日の予定で森林浴の楽しめる軽い山歩きへ。

010

センターハウス前から出発。30台分程度の広さの駐車場には車はまだ5~6台程度。この時間、建物内のトイレは入れない。(手前の「中心広場」にも広い駐車スペースと別棟のトイレあり。)

020

玉原湿原入口の案内図。

030

032

玉原湿原。ミズバショウの時期は終了。

040

長沢三角点へ向かう尾根道。緑のシャワーが心地よい。

050

長沢三角点は展望なし。

060

ブナ平付近にて。

070

鹿俣山への道は、何度かスキー場を横切りながら、コース脇の樹林の中をたどる。

080

ゲレンデからは谷川岳・一ノ倉岳が意外に近くに見える。

090

鹿俣山山頂。灌木のため、山頂部分からの展望は東~南方向に限られる。

092

山頂のすぐ手前(やや西側)からの展望。眼下にスキー場と玉原湖、右手に谷川岳・一ノ倉岳が望める。

100

山頂からはスキー場の東側の尾根を下る道もあるが、往路を戻り、ブナ平の緑を再び味わって下山した。

« 桐生:吾妻山ハイキング | トップページ | 赤城:黒檜山~駒ヶ岳 »

コメント

玉原はもうすっかり夏の緑ですね。ラベンダーパークとか興味がありつつ、尾瀬の引力が強すぎて玉原方面になかなか足が向かいません。上越国境方面にも引力ありますよね、谷川を間近に見たら、行きたくなっちゃったんじゃないでしょうか?(笑)

玉原はラベンダーパーク開園後には観光地と化してしまいます。静かなハイキングを楽しむには、スキー場閉鎖の5月連休後から6月いっぱいがおすすめです。でも、確かに、尾瀬の引力にはかなわないでしょうね。時間が限られていたり、あまり歩けない方と一緒の場合に適当なハイキングエリアかもしれません。

谷川岳には、晴れているときに、また行きたいと思っています。谷筋に雪の残る今頃が一番ですが、今季は難しそう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桐生:吾妻山ハイキング | トップページ | 赤城:黒檜山~駒ヶ岳 »