« 二子山・焼山 | トップページ | 大霧山・堂平山・笠山 »

赤城山(黒檜山から駒ヶ岳)

2014年3月29日(土)

雪解け始まる春の赤城山へ

000

大タルミ付近から見上げる黒檜山

【行程メモ】
大沼・おのこ駐車場09:00―09:18黒檜山登山口ー09:33猫岩ー10:36黒檜山11:06―11:46駒ヶ岳12:04―12:56おのこ駐車場

010

おのこ駐車場からの黒檜山。駐車場は端のほうに除雪で積まれた雪山が高く残っており、駐車可能なスペースは通常の7割ぐらい。
実は8時半前に駐車場を一度出発し、登山口に着いたのだが、アイゼンを車に忘れてきたことに気づき、引き返して再出発。往復30分のロスタイムに。

 020 

 登山口。よくしまったザラメ雪で、必須ではないが一応10本爪のアイゼンを着けて出発。

 030 

 猫岩付近の尾根上は雪が融けて土や岩が出ているところも多い。

 040 

 山頂手前の尾根上。駒ヶ岳方面への分岐箇所だが、道標は雪に埋まっていてみあたらず。

 050 

 黒檜山山頂。山名標の埋まり具合からみて、積雪は60~70cm位だろうか。かなり雪融けがすすんでいるようだ。

 060 

 山頂北の展望ポイントまで行って休憩。薄曇りだが、日光・尾瀬方面から谷川岳・上越国境稜線方向の白い山並みがひととおり展望でき、なかなかの大パノラマだった。

 070

 赤城大神の鳥居はまだほとんど雪に埋もれている。

 080 

 黒檜山の下りから駒ヶ岳方向を望む

 090 

 駒ヶ岳山頂はほとんど雪が融けていた。

 100 

 尾根からの下り口の鉄階段はほとんど雪に埋まっており、脇の斜面を下る。
この先少し下ると雪が融けた部分を歩くことが多くなり、アイゼンを外した。
最後は夏道の登山口ではなく、かなり北側まで雪上を歩いてから道路へ出た。

 メモ:道路上(見晴峠付近)の温度表示は、朝でも9℃、帰路は16℃と、大変暖かくて風も弱い春山登山日和だった。

以前の記録:

赤城:黒檜山(花見ヶ原森林公園から往復)(2013年9月22日)

http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-8dc2.html

赤城:黒檜山~駒ヶ岳(2013年6月22日)

http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-20c4.html

 赤城:黒檜山~駒ヶ岳(2013年3月2日) 

http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-20c4.html

 赤城:黒檜山(2012年7月28日) 

http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-f27d.html

赤城:黒檜山(2012年3月20日) 

http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f27d.html

 赤城:黒檜山・駒ケ岳(2010年10月11日) 

http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-314f.html

 

« 二子山・焼山 | トップページ | 大霧山・堂平山・笠山 »

コメント

3年連続で3月の黒檜山に登っているんですね。久しぶりの山の感触はいかがでしたか。
上越国境の白い山並みが素敵です。あっちの方にも行きたいんじゃないでしょうか?(笑)

ps 私はいまアタマの中は桜で一杯です。

赤城山の3月は、初旬はまだ冬、中旬は春めいてきて、下旬は春本番から残雪期へと、変化の激しい時期だと感じています。久しぶりの山歩きで、かなり体力の低下を感じましたが、やはり山はいいと思いました。
鉄まんアトムさんのブログで、お花見を楽しませてもらっています。近所の桜もかなり散り始めました。次は新緑が待ち遠しいこの頃です。

おお、久しぶりの山ですね。
3月末の赤城はすごい雪で、びっくりしました。


さむ さん、こんにちは。お久しぶりです。
今季、関東周辺はどこも残雪が多かったのではないでしょうか。
家族の都合などもあり、今冬は冬眠していたので(笑)、久しぶりの山歩きとなりましたが、やはり山を歩くのは気分がいいです。
とりあえず軽く半日の行程にしておきましたが、それでも結構疲れましたね。
月に一度くらいは歩いていないと、体の負担が大きいようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二子山・焼山 | トップページ | 大霧山・堂平山・笠山 »