« 榛名・水沢山 | トップページ | 笠山・堂平山 »

赤城:黒檜山・駒ヶ岳

2015年2月11日(水・祝)

恒例の?雪山登山は赤城山へ

000

黒檜山山頂

【行程メモ】
大沼・おのこ駐車場09:35―09:50黒檜山登山口10:00―10:14猫岩ー11:18黒檜山11:47―12:31駒ヶ岳12:45―13:25おのこ駐車場

010

駐車場から見上げる黒檜山。駐車場の普通車区画はほぼ満車。

020

登山口から急登が続く。しっかりしたトレースあり。

030

南側に少し雪庇の張り出した尾根筋を登る。

040

主稜線(駒ヶ岳との分岐点)に到達。

050

黒檜山山頂への尾根道。

060

山頂の少し北の「展望台」付近から。少し霞んでいるが、日光・尾瀬・武尊・谷川方面の大パノラマが広がっていた。

070

黒檜山からの急な下り。前方は駒ヶ岳。

080

駒ヶ岳山頂付近から。南へ続く尾根の東側は崖になっていて、雪庇が張り出している。

090

春山気分でなだらかな尾根をたどる。(正面は長七郎山と小沼。)

100

日差しを浴びた雪面の輝きと樹木の影が美しい。

110

下降点の鉄階段はほとんど雪に埋まっていて、その脇の急斜面のトレースを下る。この後はほとんどつづら折りの夏道通しになる。一部、階段上の圧雪が凍っている箇所もあり注意が必要。

メモ:
・往路の道路は姫百合駐車場より上で薄い圧雪・凍結状態。帰路は気温が上がりシャーベット状・一部凍結状態。スタッドレスで問題なく走行した。
・2月中旬にもかかわらず、春のような日差しを浴びて風もほとんどなく、穏やかな雪山が楽しめた。
・10本爪アイゼンとストックを使用したが、当日の雪面状況では、アイゼンが必須というほどではなかった。但し通常の寒さなら黒檜山からの下り斜面や最後の鉄階段付近では、アイゼンが必要な状況になると推測。
・予想以上に登山者は多く、ほとんど人が途絶えることがなかった。

以前の記録:

赤城:黒檜山・駒ヶ岳(2014年10月11日)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-46f8.html

赤城山(黒檜山から駒ヶ岳)(2014年3月29日)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-211d.html

赤城:黒檜山(花見ヶ原森林公園から往復)(2013年9月22日)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-8dc2.html

赤城:黒檜山~駒ヶ岳(2013年6月22日)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-20c4.html

赤城:黒檜山~駒ヶ岳(2013年3月2日)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-20c4.html

赤城:黒檜山(2012年7月28日)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-f27d.html

赤城:黒檜山(2012年3月20日)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-f27d.html

赤城:黒檜山・駒ケ岳(2010年10月11日)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-314f.html

« 榛名・水沢山 | トップページ | 笠山・堂平山 »

コメント

木立の影、雪山の展望がキレイですね。
霧氷祭りの時に出掛けてみたいものです。でも、天気の見極めが難しそうですね。

3月並みの陽気で空は霞んでしまい写真はイマイチですが、関東平野北端の雪山が白い屏風のように広がった光景はなかなか迫力がありました。
今日も夕刻から黒檜山頂上部には雲がかかっているので、明朝も霧氷はみられそうですが、晴れるかどうかは難しいところですし、2月も後半になると、いざ晴れたら気温が上がってしまう可能性も高いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 榛名・水沢山 | トップページ | 笠山・堂平山 »