« 谷川岳:西黒尾根・天神尾根 | トップページ | 奥日光ハイキング(湯滝・小田代ヶ原・戦場ヶ原) »

白毛門

2015年10月3日(土)

秋晴れの登山日和に紅葉始まる尾根から展望の山頂へ

000

白毛門山頂と谷川岳・一ノ倉岳

【行程メモ】
登山口(東黒沢の橋)07:45―09:53松ノ木沢の頭10:09―11:04白毛門11:26―12:11松ノ木沢の頭12:16―13:44登山口

(画像はクリックすると少し拡大表示されます。)

010

松ノ木沢の頭からの白毛門。南面の尾根は色づいているが最盛期はもう少し先か。

020

松ノ木沢の頭から谷川岳・一ノ倉沢。

030

尾根道から山頂方向を見上げる。

040

山頂直下から笠ヶ岳方面。西面の紅葉は低気圧通過で色がくすみ始めたよう。

050

谷川岳~七ツ小屋山の主稜線をパノラマで。

060

尾瀬・日光方面を望む。(左端に燧ケ岳)

070

谷川岳東面を見ながら往路の尾根を下る。

メモ:
・松ノ木沢の頭までの樹林帯は紅葉はまだ。
・松ノ木沢の頭から山頂の区間の紅葉はあと数日で最盛期になりそう。
・登山者はそれほど多くなく、二十人程度だった。
・相変わらず下りはきつい。

以前の記録:

白毛門(2015年6月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-317a.html

白毛門(松ノ木沢の頭まで)(2013年3月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-4240.html

白毛門(2011年6月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-317a.html

« 谷川岳:西黒尾根・天神尾根 | トップページ | 奥日光ハイキング(湯滝・小田代ヶ原・戦場ヶ原) »

コメント

行って帰ってくると大変なあまり白髪になってしまうという白毛門ですね。(笑)
秋晴れでスカイラインのエッジも効いて爽快な山登りだったことが伺えます。紅葉の最盛期ではなかったようですが、こういう日にはなかなか巡り逢えないので貴重ですね。稜線の目の前の紅葉も良いですけど、麓の紅葉を上から見てもみたいですね。

白毛門は山頂の少し下に見える「ジジ岩」「ババ岩」の上に雪が積もると白髪頭のように見える、というのが山名の由来らしいですが、初冬の時期に登ったことがないので、目で確かめたことはありません。それはともかく、土が流れて木の根と岩が露出した急の連続は疲れるのは確かです。西黒尾根の登山道がとても良い道に思えてきます。
 でも、今回は空気が澄んで展望に恵まれ、富士山や南アルプス、中央アルプスも見えましたから、登った甲斐は十分ありました。あと少しすれば、麓の紅葉・黄葉がきれいになりますね。稜線は寒くなりますが、その頃の谷川山域を歩くのもいいかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷川岳:西黒尾根・天神尾根 | トップページ | 奥日光ハイキング(湯滝・小田代ヶ原・戦場ヶ原) »