« 白毛門 | トップページ | 子持山 »

奥日光ハイキング(湯滝・小田代ヶ原・戦場ヶ原)

2015年10月10日(土)

紅葉の森を小田代ヶ原へ

000

泉門池から小田代ヶ原へ紅葉の森を歩く

【行程メモ】
湯元10:00―10:38湯滝―11:07泉門池11:12―11:47小田代原12:02―12:51赤沼分岐(戦場ヶ原自然研究路を展望テラスまで往復)-13:35赤沼(バスで湯元へ戻る)

010

湯ノ湖畔は紅葉の盛り

020

湯滝もちょうど紅葉の見頃

030

小田代橋から湯川沿いの紅葉の様子

040

小田代橋を渡って泉門池へ

050

泉門池から男体山

060

小田代ヶ原の西側の木道は整備されたばかり。

070

小田代ヶ原(バス停向いの展望台から)

080

湿原南側から小田代ヶ原。草紅葉と紅葉。

090

湯川沿いの戦場ヶ原自然研究路。カラマツ黄葉が美しいが、他は紅葉終盤~枯れ始め。

100

戦場ヶ原と男体山(展望テラスから)

110

赤沼バス停:ちょうど来た満員のバスにかろうじて乗り込み湯元へ戻った。

メモ:

・天候は曇り。前半はときどき薄日が射したが、後半はかなりどんよりしてしまった。男体山などの山に雲がかかるほどではなかった。
・往路国道は竜頭ノ滝付近で渋滞発生。
・湯元は中心部の各駐車場が満車でスキー場駐車場(シーズン外は無料)に駐車。なお、赤沼も満車だった。
・泉門池~小田代ヶ原、小田代ヶ原~赤沼分岐間の樹林の紅葉が美しく、歩く人も少なめで、紅葉ハイキングを満喫できた。
・バスは30分以上遅れていて、赤沼でほぼ満車状態、光徳入口では乗れない状況だった。
・中禅寺湖畔の紅葉はピークはまだ少し先のようで、湖畔やいろは坂の国道の渋滞には遭遇せずに済んだ。

以前の記録:

奥日光ハイキング(戦場ヶ原・千手ヶ浜・高山)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-d2be.html

奥日光ハイキング(小田代ヶ原・西ノ湖)(2013年8月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-e3d6.html

« 白毛門 | トップページ | 子持山 »

コメント

紅葉期の3連休だから日光は激混みだったでしょう。私は尾瀬でしたが、やはり混んでいました。ところどころで登山者の渋滞も起きていました。
それにしても、10日は予報が外れ、ほぼ終日高曇りでしたね。そんな悪条件下でもこのレベルだと、晴れていたら3時間ではとても帰れそうにありません。紅葉の下に笹原というのも良いものですね。

鉄まんアトムさんは尾瀬に行かれていましたか。金精峠を越えればすぐ隣ですね。
曇りで紅葉の鮮やかさはいまひとつでしたが、奥日光は観光の人が多いのか、ハイキングコースを歩く人はあまり多くなく、比較的静かな山歩きが楽しめました。晴れた12日は渋滞が激しかったようなので、9時過ぎ現地着ではもう駐車できなかったかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白毛門 | トップページ | 子持山 »