« 赤城:黒檜山・駒ヶ岳 | トップページ | 三毳山(みかもやま):青竜ヶ岳とカタクリ群生地 »

奥日光ハイキング(小田代ヶ原・戦場ヶ原)

2016年3月20日(日)

早春の樹林と湿原を散策

000

小田代ヶ原と男体山・大真名子山・小真名小山・太郎山

【行程メモ】
三本松駐車場10:37‐赤沼10:49-11:53小田代ヶ原(展望所)12:12-12:48泉門池―13:06青木橋-13:48赤沼‐14:04三本松駐車場

010
赤沼駐車場はまだ冬季閉鎖中のため、三本松に駐車。

020

国道脇を歩いて赤沼へ。車道と歩道の境の柱・鎖が撤去されているのは除雪作業のためだろうか。

030

赤沼の遊歩道入口付近。

040

050

小田代歩道の様子。

060

小田代ヶ原の南側の木道。

070

小田代ヶ原バス停前の展望所付近。

080

泉門池から男体山。

090

戦場ヶ原に出る頃にはよく晴れてきた。湿原には雪はほとんど残っていない。

メモ:
・花粉がなく清涼な空気の中を軽く歩けるところへと思い、奥日光へ足を延ばしてみた。三連休中日でも人は少なく、雪融けの静かな林内は心地よかった。
・帰着時の三本松の売店外の温度計では6℃。

以前の記録:

奥日光ハイキング(湯滝・小田代ヶ原・戦場ヶ原)(2015年10月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-4d61.html

奥日光ハイキング(戦場ヶ原・千手ヶ浜・高山)(2014年6月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-d2be.html

奥日光ハイキング(小田代ヶ原・西ノ湖)(2013年8月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-e3d6.html

« 赤城:黒檜山・駒ヶ岳 | トップページ | 三毳山(みかもやま):青竜ヶ岳とカタクリ群生地 »

コメント

残雪期と言うにしても下だけでなく山にも全然雪がありませんね。これだと春以降の花の生育や水不足が心配です。
同じ日の奥武蔵は風も強く、全身花粉まみれとなり、歩いているうち、というか行きの車の中からして、目、耳、鼻、のすべてが大変なことになりました。なにせ大元のものが目の前に視界いっぱい大量にあるんですからね、行く前から分かっていたことですが。

鉄まんアトムさん:
この時期の奥日光は初めてなので、平年との差はわかりませんが、駐車場がまだ閉鎖期間であることなどから判断すると、たぶん、今年の残雪は相当少ないのではないかと思います。一足早い春を感じることができました。
予想どおり花粉は少なく、マスクなしで気持ちよく歩けました。三連休でも人が少なく道路が空いているのもいいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城:黒檜山・駒ヶ岳 | トップページ | 三毳山(みかもやま):青竜ヶ岳とカタクリ群生地 »