« 湯ノ丸山・烏帽子岳 | トップページ | 北八ヶ岳:蓼科山 »

奥日光ハイキング(小田代ヶ原・戦場ヶ原)

2020年8月29日(土)

猛暑の晩夏、奥日光を歩く。

000_20200831163601
小田代ヶ原

【行程メモ】
赤沼駐車場08:28-09:20小田代ヶ原(バス停前展望所)-10:03戦場ヶ原方面分岐-10:32戦場ヶ原(通行止地点)10:40-11:00分岐-11:11小田代ヶ原周回歩道の北ゲート-11:25南東ゲート-12:07赤沼駐車場

 

010_20200831163601
赤沼から戦場ヶ原への木道は工事中で通行止。

020_20200831163601
小田代歩道へ。

030_20200831163601
途中の戦場ヶ原展望台から太郎山を望む。

040_20200831163601
小田代ヶ原。ホシザキシモツケの枯れた花穂で色づいている。

050_20200831163601
泉門池手前の戦場ヶ原方面分岐。ここから1km先で通行止めになる。

060_20200831163601
木道通行止め終点から戦場ヶ原と男体山

070_20200831163601
木道修復工事の資材運搬のヘリが頻繁に往復していた。

080_20200831163601
往路を小田代ヶ原周回歩道まで戻り、赤沼へ。


メモ:
・午後から雨の予報で、午前半日の散策へ。


以前の記録:

奥日光スノーハイキング(戦場ヶ原・小田代ヶ原)(2019年2月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-858b.html

奥日光ハイキング(戦場ヶ原・小田代ヶ原・高山)(2018年7月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-87eb.html

奥日光ハイキング(戦場ヶ原・小田代ヶ原・高山)(2017年9月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-87eb.html

奥日光ハイキング(戦場ヶ原・小田代ヶ原)(2017年8月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-5980.html

奥日光ハイキング(小田代ヶ原・戦場ヶ原)(2016年7月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-5980.html

奥日光ハイキング(小田代ヶ原・戦場ヶ原)(2016年3月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-cc09.html

奥日光ハイキング(湯滝・小田代ヶ原・戦場ヶ原)(2015年10月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-4d61.html

奥日光ハイキング(戦場ヶ原・千手ヶ浜・高山)(2014年6月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-d2be.html

奥日光ハイキング(小田代ヶ原・西ノ湖)(2013年8月)
http://thunderbirds-are-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-e3d6.html

« 湯ノ丸山・烏帽子岳 | トップページ | 北八ヶ岳:蓼科山 »

コメント

湿原の緑がもう夏の色ではなくなってきていますね。9月は草紅葉の季節、日ごと秋めいて色合いも増えていく良い季節が近づいてきました。
それにしても、なんだかんだと毎年欠かさず奥日光を歩いているんですね。すばらしい。よき観光地としての地位も印象も強すぎるゆえ、家族に「ちょっと日光に行ってくるわ」と気軽には言い出しにくい場所であります。(笑)

初秋にはまだ早いですが、戦場ヶ原にもススキが目立ちはじめ、秋はすぐそこまで来ている感じでした。
奥日光は、赤城山ほど近くはないものの、当方から車で行くには比較的「安・近・短」の場所で、駐車場から少し歩くだけで湿原や森に入ることができ、短時間でも「いいとこ取り」で楽しめるところだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯ノ丸山・烏帽子岳 | トップページ | 北八ヶ岳:蓼科山 »